工事請負契約における現場代理人の常駐義務の緩和措置について

更新日 令和2年10月2日

ページID 7726

印刷

瑞穂町では、現場代理人の工事現場への常駐を義務付けていますが、建設業者の受注機会の拡大と負担の軽減を図るため、現場代理人の常駐義務の一部を緩和することとしました。
なお、これに伴い「瑞穂町工事請負契約における現場代理人の常駐義務の緩和措置に関する基準」を定めましたのでお知らせいたします。

適用日

令和2年10月1日以降に締結する工事請負契約に適用します。

手続き

現場代理人の兼任を希望する場合は、「瑞穂町工事請負契約における現場代理人の常駐義務の緩和措置に関する基準」に該当することを確認し、落札後速やかに工事担当課へ「現場代理人兼任届」を提出してください。

その他

このことにより、建設業法第26条第3項に基づく主任技術者または監理技術者の専任義務が緩和されるものではないことに留意してください。

ダウンロード

現場代理人常駐義務の緩和基準(PDF形式 127キロバイト)

現場代理人兼任届(PDF形式 68キロバイト)

現場代理人兼任届(ワード形式 37キロバイト)

このページについてのお問い合わせ先

企画部 管財課 契約係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7487
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

転職するならキャリズム

弁護士転職NO-LIMIT

労働問題 弁護士ナビ

バナー広告募集中