新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」再発出に伴う町の対策(方針)について

更新日 令和3年7月12日

ページID 7363

印刷

内閣総理大臣は、東京都を中心に感染拡大に歯止めがかからない状況を踏まえ、東京都を対象に新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「特措法」という。)に基づく「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言(以下「緊急事態宣言」という。)」を再発出するとともに、沖縄県の緊急事態宣言も延長し、いずれも令和3年8月22日(日曜日)までとすることを決定しました。また、新型コロナウイルス感染症まん延等重点措置(以下「重点措置」という。)については、埼玉県、千葉県、神奈川県および大阪府の4府県を対象に同年8月22日(日曜日)まで延長する一方、北海道、愛知県、京都府および兵庫県ならびに福岡県の5道府県の「重点措置」は、同年7月11日(日曜日)をもって解除しました。

東京都知事は、東京都を対象に「緊急事態宣言」が再発出されたことに伴い、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための東京都における緊急事態措置等(以下「東京都における緊急事態措置等」という。)」を発出し、都民および事業者に対し、感染拡大防止策等に対する協力要請等をしました。

町においても、町民の生命・健康の確保を第一に考え、「緊急事態宣言」に伴う「東京都における緊急事態措置等」発出の趣旨に添い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた町の対策(方針)を以下のとおり、更新します。

東京都防災ホームページ(外部リンク)

町の対策(方針)

町においても、町民の生命・健康の確保を第一に考え、「緊急事態宣言」に伴う「東京都における緊急事態措置等」発出の趣旨に添い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた町の対策(方針)を以下のとおり、更新します。

1 「東京都における緊急事態措置等」への協力

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、人流の抑制を最優先に、令和3年7月12日(月曜日)0時から同年8月22日(日曜日)24時までを期間として、以下の要請等に協力をお願いします。

(1)都民向け

日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛、特に、以下のことについて徹底をお願いします。

・20時以降の不要不急の外出自粛

・混雑している場所や時間を避けて行動すること

・感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請または営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控えること

・不要不急の帰省や旅行など都道府県間の移動や感染が拡大している地域への不要不急の移動を極力控えること

・路上、公園等における集団での飲酒など感染リスクが高い行動自粛

(2)事業者向け

・施設の使用停止の要請(休業の要請)

・施設の使用制限の要請(営業時間短縮の要請)

・催物(イベント等)の開催制限 等

2 町有施設の取扱い

保健・保育、介護、健康の維持・回復等を目的とする場合を除き、緊急的な措置を取る期間内に施設使用を予定している個人・団体においては、施設使用の再検討をお願いします。

施設を使用する場合は、各施設の使用統制に従うとともに、原則、使用施設の収容人数の50%以下で、使用者が特定できることとします。

また、3密回避等感染リスクへの必要な対策を十分に講じることを条件として使用するものとし、それが実施できないと判断される場合には、延期または中止をすること等、感染予防および拡大防止策の徹底をお願いします。

この方針については、国および都の対策全般の方針、緊急事態宣言等が解除または延期された段階で、感染者の発生動向等を考慮して、適宜、見直しを行います。

このページについてのお問い合わせ先

住民部 地域課 安全係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7610
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

転職するならキャリズム

弁護士転職NO-LIMIT

労働問題 弁護士ナビ

家族信託 wisepartner

バナー広告募集中