新庁舎建設工事の進捗状況について

更新日 令和2年8月24日

ページID 6147

印刷

新庁舎建設工事の進捗状況について

車庫棟・北側駐車場が完成しました(令和2年7月)

令和2年7月末に車庫棟および北側駐車場が完成しました。

1北駐車場

北側駐車場の一部使用を開始しました(令和2年6月)

令和2年6月1日より、新庁舎北側駐車場の一部使用を開始しました。

駐車場(3台分)、障がい者等優先駐車場(1台分)、駐輪場(仮設)があります。

駐車場

旧庁舎の解体工事を行っています(令和2年1月、2月)

令和2年1月6日から新庁舎での業務を開始しました。

今後は旧庁舎の解体工事、駐車場等の外構工事を行っていきます。

解体2期旧庁舎解体

新庁舎建物部分が完成しました(令和元年12月)

開庁1北側風除室

音響机

太陽光発電システムの設置が完了しました(令和元年11月)

9月から工事を開始した太陽光システムの設置が完了しました。

ルーバー パネル 蓄電池
太陽光パネル一体型ルーバー 太陽光パネル 蓄電池

各フロアの内装工事を進めています(令和元年10月)

照明やOAフロアの仕上げなど、各フロアで内装の工事を行っています。

内装内装

5階、屋上階のコンクリート打設が完了しました(令和元年8月、9月)

8月下旬から9月上旬にかけて5階、屋上階のコンクリートを打設しました。
躯体工事は完了し、外装、内装、設備工事を進めています。

屋上防水金属屋根

屋上階に非常用発電機、空調室外機等が設置されました。

非常用発電機室外機

3階、4階立上りコンクリート打設が完了しました(令和元年7月)

6月下旬から7月上旬にかけて3階立上りコンクリートを打設し、7月下旬に4階立上りコンクリートを打設しました。
躯体工事と並行して内装工事を進めています。

3階立上りコンクリート内装工事

2階立上りコンクリート打設が完了しました(令和元年6月)

5月下旬から始まった2階立上りコンクリート打設が完了し、3階立上りコンクリート打設を実施しています。

内部では1階支保工の解体後、内装工事が始まりました。

AW取付けLGS取付け

1階立上りコンクリート打設が完了しました(令和元年5月)

4月下旬から始まった1階立上りコンクリート打設が完了し、2階立上りコンクリート打設を実施しています。

2階立上りコン

内部では地下のピット階および免震階の支保工解体を実施しました。

2階梁のプレストレストコンクリート緊張を実施しました。

PC配置 PC緊張
鋼線の配置 鋼線の緊張

※長いスパンのコンクリートの梁はひび割れが生じてしまうため、コンクリート内部に鋼線を配置し(写真左)、コンクリート打設後、鋼線を引っ張り(写真右)、引張力を導入することでひび割れを防止します。

擁壁のコンクリート打設が完了しました(平成31年4月)

免震層廻りの擁壁のコンクリート打設が完了しました。また、土留めのため打ち込んでいたシートパイルの引抜きを実施しました。

擁壁SP引抜

4月下旬から1階立上りコンクリート打設を実施します。

1階床コンクリート打設が完了しました(平成31年3月)

1階床コンクリート打設を実施しました。

1F床コン

免震装置を設置しました(平成31年2月)

青空の下、一部免震装置を設置しました。

免震(錫入積層ゴム) 積層ゴム すべり支承

積層ゴム支承

錫プラグ入り積層ゴム支承

直動転がり支承

薄いゴムと鉄板を交互に重ねた頑丈な「免震ゴム」です。地震時には建物を支えながら水平方向に柔軟に変形し、地震の揺れをゆるやかにします。

積層ゴムの中心に錫(すず)製のプラグを入れた免震ゴムです。鉛プラグ入り積層ゴムに比べ1.7倍の減衰能力を持ちます。省スペースと優れた施工性・保守性等の長所があります。 鋼球の「転がり」を利用して水平方向に動く免震装置です。

免震層床コンクリート打設を行いました(平成31年1月)

晴天が続き、工事が順調に進んでいます。
1月下旬には免震層床のコンクリート打設が始まりました。

免震層1免震層2

耐圧盤コンクリートの打設を行いました(平成30年12月)

建物の最下部の耐圧盤コンクリートの打設を開始しました。
工事エリアを分けて行い、12月末には打設完了予定です。

耐圧盤打設2耐圧盤打設1

杭工事が始まりました(平成30年8月中旬)

新庁舎を支えるため、強固な地盤面まで杭を挿入します。

杭うち(アップ)杭うち(全体)

杭吊り

1次掘削工事が完了しました(平成30年8月)

1次掘削工事が完了し、いよいよ杭の打設工事が始まります。

杭

山留(シートパイル)の打設が完了しました(平成30年7月)

掘削作業を行うた山留(シートパイル)を打設しました。

シートパイル(アップ)シートパイル(南西側)

新庁舎では地階はありませんが、基礎ピットと免震ピットを設置するため掘削作業を行います。

既存庁舎の一部解体が完了しました(平成30年4月)

平成30年1月より着手した既存庁舎の一部解体が完了しました。

解体

このページについてのお問い合わせ先

企画部 管財課 管財係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7486
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

みらい総合法律事務所

バナー広告募集中