人権教室を開催しました(令和5年9月7日・瑞穂第三小学校)

更新日 令和5年12月25日

ページID 9644

印刷

人権教室~ハンセン病問題を考えよう~

令和5年9月7日(木曜日)、「人権教室」を瑞穂第三小学校の6年生を対象に開催しました。
国立ハンセン病資料館の牛嶋学芸員を講師として迎え、「ハンセン病問題を考える」というテーマで、ハンセン病やハンセン病療養所内で起きた人権侵害について学び、その後、各グループで「ハンセン病患者はどのように集められたのか?」「どうしてハンセン病患者の隔離が続いたのか?」について話し合い、意見発表をすることで、児童1人1人が人権について改めて考える場となりました。

※この人権教室は、人権擁護委員を中心に、東京法務局および東京都人権擁護委員連合会の協力を仰ぎ、主に小中学校の児童生徒を対象に、思いやりの心や生命の尊さを学び、豊かな人権感覚を身に付けることを目的とした啓発活動です。
※人権擁護委員は、地域の皆さんの相談を受け、その問題解決のお手伝いや人権について関心を持ってもらえるような啓発活動を行っています。

24

このページについてのお問い合わせ先

協働推進部 協働推進課 地域協働係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7608
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

クローバー歯科クリニック

バナー広告募集中