令和5年9月より中間前払金制度を導入します

更新日 令和5年9月1日

ページID 9626

印刷

瑞穂町では、公共工事の円滑な施工確保と受注者の資金調達の円滑化を図るため、中間前払金制度を導入します。

中間前払金制度とは

前払金を受けた工事請負契約について、一定の条件を満たしている場合であれば、既済部分検査を必要としないで、当初の前払金に加え、中間前払金を受け取ることができる制度です。ただし、部分払いを行うものについては、中間前払金との併用はできません。

条件

・工期の2分の1を経過していること。
・工程表により工期の2分の1を経過するまでに、実施すべきものとされている当該公共工事に係る作業が行われていること。
・既に行われた当該公共工事に係る作業に要する経費が、契約金額の2分の1以上の額に相当するものであること。

適用開始

令和5年9月1日以降に入札条件または見積条件として明示する案件から適用します。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 財政課 契約係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7487
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

クローバー歯科クリニック

令和6年度サマージャンボ宝くじ

バナー広告募集中