館山航空基地における横田基地所属CV-22オスプレイの予防着陸について(令和3年12月3日から掲載)

更新日 令和4年2月18日

ページID 8560

印刷

北関東防衛局から情報提供がありました。

第5報

令和4年2月18日(金曜日)

内容

昨年、館山基地に予防着陸したオスプレイについて、横田基地から以下の情報提供があったので、お知らせいたします。

予防着陸の原因及び再発防止について
CV-22の内部モニタリングシステムが、乗員に警告を発したため予防着陸を行いました。運用上の安全のため、詳細な内容は公表できませんが、整備員は当該機が軽い修理のみで済むことを確認しました。館山基地に部品が手配されたのち、整備員は当該機を運用再開可能にし、同機を無事に横田基地に帰投させました。横田基地に所属するCV-22は個々に点検が行われ、確立されたガイドラインに従って飛行運用を再開しました。

館山基地に長期間滞在した理由
整備員の搬送ならびに物流の遅れから、必要とされた部品の調達に時間がかかったためです。

第4報

令和3年12月20日(月曜日)

内容

本年12月1日に館山基地に着陸したCV-22につきまして、当該CV-22が館山基地を離陸し、午後2時30分頃に横田基地に着陸したことをお伝えいたします。

第3報

令和3年12月17日(金曜日)

内容

横田基地から以下のとおり公表可能な情報が提供されましたので、お伝えします。

我々は、来週の初め頃、おそらくは12月20日~22日の間に、館山航空基地近辺において、必要とされるテスト飛行を行う予定です。当該テスト飛行に伴う騒音は、CV-22オスプレイの通常の運用時と同等のレベルと考えられます。 館山市民の皆さまのご理解を賜れますようお願いいたします。当該機が安全に横田基地に帰投できると乗員が判断した時点で、飛行運用に関するすべての規則に従った飛行ルートにて帰投する予定です。

第2報

令和3年12月10日(金曜日)

内容

横田基地から以下の情報が提供されましたので、お伝えします。 

CV-22オスプレイ1機が飛行中に問題を感知し、標準的な安全措置を取って自衛隊館山航空基地に着陸しました。搭乗員は安全な飛行運用を最重要事項として訓練を行っております。今般の館山航空基地への予防着陸は、搭乗員が常に最大限の予防措置を講じていることの証左です。

現在、第753特殊作戦航空機整備中隊の整備専門班が館山航空基地にて、安全な飛行運用が再開できるよう航空機を入念に評価しています。館山航空基地の関係者との間で、必要な道具や設備が滞りなく届くように調整しています。

運用上の安全を考慮して、整備の日程に関する詳細は公表できません。我々の航空機の評価にあたり、館山航空基地所属自衛隊員の皆さまのご支援、そして地元の皆さまのご支援に深く感謝申し上げます。

第1報

令和3年12月2日(木曜日)

内容

横田基地所属CV-22が12月1日午後9時頃千葉県館山航空基地に予防着陸。怪我や損害なし。航空機は、今夜(12月1日夜)残留する可能性が高く、明日(12月2日)、評価される。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 企画政策課 基地対策係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7476
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

福祉瑞穂葬祭

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

株式会社加藤商事西多摩支店

バナー広告募集中