国民健康保険税の産前産後期間の減額について

更新日 令和6年1月5日

ページID 9710

印刷

令和6年1月1日より、産前産後期間の国民健康保険税の減額制度が始まります。

対象となる方

町の国民健康保険に加入している出産予定日または出産日が令和5年11月1日以降の方

※出産とは、妊娠85日以上の分娩をいい、死産・流産・早産・人工妊娠中絶された場合も含みます。

減額期間

出産予定日または出産日の属する月の前月から4か月

多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日の属する月の3か月前から6か月

※下記の図の水色部分が減額期間です

単胎の方

あ

多胎の方

い

令和5年度においては、制度開始が令和6年1月からのため、産前産後期間のうち、令和6年1月以降の期間の分だけ、国民健康保険税が減額されます。

う

令和5年11月に出産した場合は、令和6年1月分相当分の国民健康保険税が減額されます。令和6年1月より前の期間は対象とはなりません。

減額申請が必要な方

減額対象期間中(単胎妊娠の場合は、出産日または予定日の属する月の前月から4か月間、多胎妊娠の場合は、出産日または予定日の属する月の3か月前から6か月間)に瑞穂町国民健康保険に加入している方

その他、事情により瑞穂町に妊娠・出産の届け出をしていない方

届出の方法

窓口の場合

以下の3点をご用意のうえ、税務課住民税係の窓口までお越しください。

(1)世帯主・出産被保険者のマイナンバーがわかるもの

(2)母子健康手帳

(3)申請者の身分確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート等)

郵送の場合

以下の書類を、税務課住民税係までお送りください。

(1)産前産後期間に係る国民健康保険税軽減届出書(下記からダウンロードできます。)

(2)母子健康手帳の出産予定日が確認できる書類のページの写し

(出産後に申請される場合は、必要ありません。)

(3)母子健康手帳の表紙の写し

多胎妊娠の場合は、全員分の母子健康手帳の表紙の写し

(4)世帯主および出産被保険者のマイナンバーが確認できる書類の写し

申請時期

出産予定日の6か月から届け出ができます。

申請書ダウンロード

産前産後期間に係る国民健康保険税軽減届出書(PDF形式 82キロバイト)

問い合わせ

詳しくは 瑞穂町役場 税務課 住民税係 までお問い合わせください。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

住民部 税務課 住民税係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7519
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで(毎週木曜日は一部の業務について窓口時間を延長しています)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

クローバー歯科クリニック

令和6年度サマージャンボ宝くじ

バナー広告募集中