議会への報告経過

更新日 平成29年3月1日

ページID 5251

印刷

旧庁舎からの移転および新庁舎建設に関しては、町民の皆さまには広報やホームページで概要をお知らせしているところですが、議会に対しては定期的、あるいは必要に応じて臨時で詳細を報告し、ご意見をいただきながら事業を進めています。

その報告経過は次のとおりです。

27 平成28年12月14日 議会全員協議会 20回目

「新庁舎建設(実施設計、町民会館への事務室仮移転計画)について」

  1. 実施設計について
  2. 町民会館への事務室仮移転計画について

26 平成28年11月8日 議会全員協議会 19回目

「新庁舎建設(基礎構造、契約・発注方式)について」

  1. 基礎構造について
  2. 契約・発注方式について

25 平成28年9月21日 議会全員協議会 18回目

「新庁舎建設事業について」

  1. 事業実施状況
  2. 基本設計(案)パブリックコメント結果
  3. 今後のスケジュール

24 平成28年8月10日 議会全員協議会 17回目

「新庁舎建設事業について」
新庁舎建設基本設計に関する会派要望への回答について

23 平成28年7月8日 議員へ基本設計(案)について情報提供

「パブリックコメントの実施予定について」
建設費用増加の要因について

22 平成28年6月14日 議会全員協議会 16回目

「新庁舎建設基本設計(案)について」
基本設計(案)を報告

21 平成28年5月23日 議会全員協議会 15回目

「新庁舎建設基本設計の状況について」
各階の事務室等レイアウト(案)を報告

20 平成28年4月7日 議員懇談会

「新庁舎建設の議会フロアについて」
議会フロアは4階ワンフロアで決定

19 平成28年3月23日 議会全員協議会 14回目

「新庁舎建設事業について」

  1. 基本レイアウト決定後の作業状況
  2. 各階構成の検討状況(図面により。議会諸室の設置場所3案)
  3. 実施設計業務委託の契約方法について
  4. 今後のスケジュール
  5. 町民会館への事務室一時移転計画について

18 平成28年1月22日 議会全員協議会 13回目

「新庁舎の建設レイアウトについて」
新庁舎建設の基本レイアウト、建設全面建替え、地上4階建、免震構造を報告

17 平成27年12月3日 議会全員協議会 12回目

「新庁舎建設事業について 平成27年第3回定例会報告以降の経過および今後の予定」

  1. 新庁舎建設基本設計業務プロポーザル選定委員会
  2. 瑞穂ハローワーク求人情報コーナーの移転

16 平成27年11月18日 議員へ基本設計業務プロポーザル優秀者の決定を情報提供

議員へ基本設計業務プロポーザル優秀者の決定を情報提供

15 平成27年10月1日 議員へ基本設計業務プロポーザル第1次審査結果を情報提供

議員へ基本設計業務プロポーザル第1次審査結果を情報提供

14 平成27年9月18日 議会全員協議会 11回目

「新庁舎建設事業について」

  1. 平成27年度の経過
  2. 今後の予定
  3. 庁舎(新棟)耐震診断結果について
  4. 庁舎(管理棟)耐震診断結果について(性能不足によりハローワークを移転する)

13 平成27年9月4日 議員へ基本設計業務プロポーザル開始について情報提供

議員へ基本設計業務プロポーザル開始について情報提供

12 平成27年5月29日 新議員へ新庁舎建設の経緯等を説明

新議員へ新庁舎建設の経緯等を説明

11 平成27年3月19日 議会全員協議会 10回目

「新庁舎建設基本計画(案)」報告

  1. 基本計画(案)の内容説明
  2. 今後のスケジュールを報告

10 平成26年12月12日 議会全員協議会 9回目

「新庁舎建設基本計画協議会の協議状況」報告

  1. 協議会の協議状況および今後のスケジュールを報告
  2. 町民アンケートの調査結果を報告

9 平成26年10月14日 議員と町との協議

「新庁舎建設の場所および時期について」町から詳細説明および議員と協議

8 平成26年8月26日 議会全員協議会 8回目

「新庁舎建設庁内検討委員会報告書」報告

新庁舎建設に係る場所、時期、概算費用、スケジュールについて報告

7 平成26年6月13日 議会全員協議会 7回目

「旧庁舎移転計画および新庁舎建設検討の状況」報告

  1. 各課事務室の移転状況と今後のスケジュールを報告
  2. 新庁舎建設庁内検討委員会の検討状況と今後の予定を報告
  3. 新庁舎建設基本計画協議会の設置予定と今後の予定を報告

6 平成26年3月19日 議会全員協議会 6回目

「新庁舎建設に関する検討組織」報告

  1. 新庁舎建設庁内検討委員会(有識者と職員)は建設の予定地、面積規模、時期を検討する。
  2. 新庁舎建設基本計画協議会(有識者、公募住民、住民団体、関係行政機関、職員)は建設計画案の基本的条件を協議する。
  3. 検討スケジュールの説明
  4. 庁舎建設の意思決定に係る議会、住民への報告、意見聴取方法の説明

5 平成25年9月20日 議会全員協議会 5回目

「仮庁舎への移転計画」報告

  1. 仮庁舎建設の進捗状況について
  2. 庁舎改修の進捗状況について
  3. 避難訓練関係について
  4. 今後の予定について

4 平成25年5月8日 議会全員協議会 4回目

「仮庁舎への移転計画」報告

  1. 仮庁舎賃貸借契約について契約について
  2. 仮庁舎用地取得について
  3. 避難訓練関係報告
  4. 今後の予定について

3 平成25年3月22日 議会全員協議会 3回目

「仮庁舎への移転計画」報告

  1. 予備費充用による仮庁舎建設設計委託費について
  2. 仮庁舎用地取得について
  3. 来客および職員の安全確保を図るための避難訓練実施について

2 平成25年1月22日 議会全員協議会 2回目

「耐震強度不足に伴う仮庁舎への移転計画」報告

  1. 耐震強度が不足しているA棟から速やかに退避することを大前提とした。
  2. 退避方法は、仮庁舎建設とB棟・新棟の一部改修により実施する。
  3. 仮庁舎は、役場北側町有地に建設(697.19平方メートル)。
  4. 移転は、平成25年10月から平成26年3月までに実施する。

1 平成24年12月14日 議会全員協議会 1回目

「耐震診断結果」報告

耐震診断数値などの用語については、こちらをご覧ください。

A棟(昭和35年建築)耐震診断結果(1階、2階、それぞれX方向、Y方向)

X方向は横、Y方向は縦を表し、役場庁舎に対しては、X方向は東西、Y方向は南北を示します。

  • 構造耐震指標(Is値)が0.6を下回った。
  • 構造耐震指標(Is値)が0.3を下回り、震度6以上の大地震で倒壊または崩壊する危険性が高い。
  • コンクリート強度試験では、1階は基準(13.5ニュートン毎平方ミリメートル)を満たし、2階は下回った。
  • CtuSd値が0.3を下回った。
構造耐震指標(Is値)

階・方向

Is値

備考

1階X方向 0.26 構造耐震指標(Is値)0.3未満
1階Y方向 0.24 構造耐震指標(Is値)0.3未満
2階X方向 0.23 構造耐震指標(Is値)0.3未満
2階Y方向 0.25 構造耐震指標(Is値)0.3未満
CtuSd値

階・方向

Is値

備考

1階X方向 0.24 CtuSd値0.3未満
1階Y方向 0.27 CtuSd値0.3未満
2階X方向 0.26 CtuSd値0.3未満
2階Y方向 0.24 CtuSd値0.3未満

B棟(昭和43年建築)耐震診断結果(1階、2階、それぞれX方向、Y方向)

  • 構造耐震指標(Is値)が0.6を上回った。
  • コンクリート強度試験では、1階、2階ともに基準(13.5ニュートン毎平方ミリメートル)を満たした。
  • CtuSd値が0.3を一部下回った。
構造耐震指標(Is値)

階・方向

Is値

備考

1階X方向 0.77 構造耐震指標(Is値)0.6以上
1階Y方向 0.65 構造耐震指標(Is値)0.6以上
2階X方向 1.01 構造耐震指標(Is値)0.6以上
2階Y方向 0.79 構造耐震指標(Is値)0.6以上
CtuSd値

階・方向

Is値

備考

1階X方向 0.39 CtuSd値0.3以上
1階Y方向 0.27 CtuSd値0.3未満
2階X方向 0.51 CtuSd値0.3以上
2階Y方向 0.33 CtuSd値0.3以上

用語解説について

構造耐震指標(Is値)について

  • 耐震診断結果は構造耐震指標(Is値)によって評価します。

この数値は、地震力に対する建築物の強度、靭性(変形能力、粘り強さ)を考慮し、震度6~7程度の地震に対する評価を表します。

構造耐震指標(Is値)の基準

Is値の範囲

評価

Is値が0.6以上 倒壊、または崩壊する危険性が低い
Is値が0.3以上0.6未満 倒壊、または崩壊する危険性がある
Is値が0.3未満 倒壊、または崩壊する危険性が高い

コンクリート強度試験・コンクリート中性試験

コンクリート強度試験で、強度13.5N/mm2を下回る場合は、材料・施工に問題があると考えられるため、耐震診断・補強の効果に疑問が残ることを考慮して、改築を視野に入れた総合的な検討が必要となります。

CtuSd値について

建物の形状などを考慮した耐震性能を表す数値です。
この数値が大きいほど耐震性能が高いことを表しています。
おもに鉄筋コンクリート造の建築物に適用されます。
CtuSd値が0.3以上1.25未満で、構造耐震指標(Is値)が0.7以上のときに、その建物が安全であると言えます。

なお、CtuSd値が、1.25以上のときは、構造耐震指標(Is値)が0.7を満足しない場合でも安全とします。
また、CtuSd値が、0.3以下のときは、構造耐震指標(Is値)が0.7以上の場合でも危険とされます。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 管財課 管財係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7486
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

住まいの吉泰

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

バナー広告募集中