介護保険制度について

更新日 平成29年11月1日

ページID 5811

印刷

介護保険は、社会全体で介護を「支え合う」制度です。

40歳以上の方が被保険者(加入者)となって保険料を納め、介護が必要と認定されたときには、介護保険サービスを「原則1割または2割負担」で利用できる制度です。

平成27年度の介護保険制度の改正により、65歳以上で一定以上の所得がある方は、介護サービスを利用する時の自己負担が2割になりました。

介護給付費の費用負担

介護サービスを利用する場合、費用の1割または2割が自己負担となります。残りの9割または8割が保険から給付されますが、この財源の50パーセントが保険料、50パーセントが公費で賄われます。

第6期介護保険事業計画(平成27年度から平成29年度まで)においては、高齢化の進展に伴い65歳以上の高齢者の割合が徐々に高まることから、第1号被保険者(65歳以上の方)は保険給付費の22パーセントを、第2号被保険者(40歳から64歳までの方)は28パーセントを負担することになっています。公費のうち、国の負担は25パーセント(施設サービスの国負担分20パーセント)、東京都と瑞穂町の負担はそれぞれ12.5パーセント(施設サービスの都負担分17.5パーセント)となっています。

(補足)第5期介護保険事業計画(平成24年度から平成26年度まで)の保険給付費の負担割合は、第1号被保険者が21パーセント、第2号被保険者が29パーセントでした。

第1号被保険者の保険料

介護保険制度は3年に一度、介護保険事業計画を策定し、適正な運用に努めていますが、65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料は、介護保険事業計画に基づき、3年間の高齢者数や必要な介護サービス費等の総額を推計して基準額を算出し、所得に応じて設定されます。

現在の第6期介護保険事業計画(平成27年度から平成29年度まで)においては、国の動向を踏まえ改定作業を行いましたが、高齢者の割合が高まり、介護サービスを利用される方が増えたことにより介護保険料が上昇しています。

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 高齢課 介護係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-0594
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

住まいの吉泰

株式会社加藤商事西多摩支店

バナー広告募集中