犬、猫の飼い主の皆さまへ(お願い)

更新日 令和4年6月21日

ページID 8886

印刷

猫の適正な飼育

  1. 室内で飼育してください。脱走の防止、近隣へのふん尿被害の防止、野鳥など小動物への被害を防ぐ、交通事故や感染症の危険から猫を守る、といった効果があります。
  2. 必ず不妊・去勢手術をしてください。1年に2~3回出産するためすぐに増えてしまいます。手術をすることにより不要な繁殖を防ぎ、病気のリスクを減らすことができます。
  3. 迷子にならないため、名札、マイクロチップなどの身元の表示をしましょう。
  4. 飼い主のいない猫にえさを与えると、たくさんの猫が集まり、ふん尿や悪臭で周囲の人たちへ迷惑がかかります。無責任なえさやりは絶対にやめてください。

ねこ

犬の適正な飼育

  1. 犬を散歩に連れて行くときはビニール袋などを持ち、ふんは必ず持ち帰って始末しましょう。道ばたに放置することや他人の土地に埋めることはやめてください。
  2. 散歩中や公園、広場など公共の場所では、犬に必ずリードをつけてください。
  3. 犬にも社会生活をしていくための基本的なしつけが必要です。甘やかさず、いけないことはきちんと「ダメ」と教えてください。
  4. 生後91日以上の犬を飼い始めたら、30日以内に登録をしてください。また、毎年1回、狂犬病の予防注射を受けさせ、注射済票の交付を受けてください。

いぬ

このページについてのお問い合わせ先

住民部 環境課 環境係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-0544
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

バナー広告募集中