瑞穂町の由来

更新日 平成29年3月1日

ページID 4129

印刷

  昭和15年は、当時、わが国が創られて2600年目にあたるということで、全国的にお祝いが行われていました。これを記念して、市町村の合併が進められ、新たな市や町が誕生していました。そのような情勢の中で、わが町も、箱根ケ崎村、石畑村、殿ケ谷村、長岡村を合併して町制を施行することになりました。

しかし、町名は、なかなか決まらなかったため、当時の岡田周造東京府知事に命名を一任することにしました。岡田府知事は、日本の美称である「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらの ちいおあきの みずほのくに)」から「瑞穂町」と名付けました。

なお、瑞穂小史には、「瑞穂という名称には、格別の由来はなく、旧来の各村名にかかわりを持たぬ、豊穣を意味する縁起の良い美名が選ばれたもので、命名は時の東京府知事 岡田周造であった。」と記されています。

その後、昭和33年に埼玉県元狭山村の一部と合併し、現在の瑞穂町となりました。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 秘書広報課 広報係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7497
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

ベッド専門店グースカ

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

単身引っ越しのネット見積もりなら、やさか引越センター

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

バナー広告募集中