固定資産税と都市計画税における保育施設と市民緑地へのわがまち特例の導入

更新日 平成29年9月19日

ページID 5750

印刷

わがまち特例の概要

わがまち特例とは、従来、国が一律に定めていた課税標準の軽減措置等について、地域の実情に応じた政策展開が可能になるよう、軽減の程度を地方自治体が自主的に判断し、条例で決定できるようにする制度です。

保育施設に係るわがまち特例

町では、子育て環境の整備促進のために、企業主導型保育事業、家庭的保育事業、居宅訪問型保育事業および事業所内保育事業の4つの保育施設に係るわがまち特例の割合を、国が示す基準の2分の1よりも軽減できるように最大の軽減割合となる3分の1としました。

これにより、固定資産税と都市計画税の算出基礎になる課税標準は、3分の1を乗じた額になります。

市民緑地に係るわがまち特例

町では、緑地保全・緑化推進法人が設置および管理する市民緑地の用に供する土地については、国が示す基準と同じ3分の2としました。

これにより、固定資産税と都市計画税の算出基礎になる課税標準は、3分の2を乗じた額になります。

このページについてのお問い合わせ先

住民部 税務課 資産税係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7528
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで(毎週木曜日は一部の業務について窓口時間を延長しています)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

住まいの吉泰

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

バナー広告募集中