横田飛行場における米軍機F-16及び韓国空軍機F-16の離陸について(平成29年6月3日から4日)

更新日 平成29年6月6日

ページID 5506

印刷

標記の件につきまして、北関東防衛局から以下のように情報提供がありましたのでお知らせいたします。

【北関東防衛局からの情報提供(6月5日午前9時51分)】

標記につきまして、横田基地から当局に対し、以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

  • 横田飛行場に飛来していた韓国空軍機F-16(6機)は、6月3日(土曜日)に同飛行場を離陸した。
  • また、米軍機F-16は、6月4日(日曜日)に同飛行場を11機離陸したが、そのうち1機が、再度同飛行場へ着陸した。(計10機が横田飛行場を離脱)
  • 現在、横田飛行場に駐機している米軍機F-16の機数は5機。

【特記事項】

  • 6月5日、横田基地から上記の情報提供を受け、北関東防衛局長から横田基地第374空輸航空団司令官に対し、日曜日に航空機が離陸したことは遺憾であり、航空機の運用に当たっては、引き続き、安全の確保に努めるとともに、航空機騒音規制措置を遵守し、周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう要請した。
  • 同司令官からは、今回の横田飛行場における米軍機F-16の日曜日の飛行については、同機の目的地の天候等の影響によりやむを得ず飛行したものであり理解願いたい旨及び、引き続き可能な限り情報提供に努めたいとの回答があった。

【北関東防衛局からの情報提供(6月2日午後4時49分)】

標記につきまして、横田基地から当局(北関東防衛局)に対し、以下のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。 

現在横田飛行場に飛来している米軍機F-16(15機)および韓国空軍機F-16(6機)が、平成29年6月3日(土曜日)に離陸する予定。

特記事項

  • 当局(北関東防衛局)は、横田基地第374空輸航空団司令官に対して、航空機の運用に当たっては、安全の確保に努めるとともに、航空機騒音規制措置を遵守し、周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう5月25日に申入れを行っている。
  • 上記の予定については、諸事情により変更される場合がある。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 秘書広報課 基地・渉外係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7476
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

みらい総合法律事務所

バナー広告募集中