交通事故にあったとき

更新日 平成29年3月1日

ページID 1511

印刷

交通事故など第三者から傷病を受けた場合も、国民健康保険を使用することができます。その際には必ず国民健康保険年金係窓口で「第三者行為による被害届」を提出してください。

国民健康保険では交通事故など他人(第三者)に怪我など負わされ医療を受けた場合、国民健康保険で負担した医療費を過失割合に応じ加害者へ請求します。そのためこの「第三者行為による被害届」を提出していただくことになります。(詳しくは下記(補足))

この届出は国民健康保険で負担した医療費の損害賠償請求だけに関係するものです。国民健康保険で負担した医療費以外の損害賠償については影響ありませんのでご了承ください。

(補足)

第三者(加害者)の行為により生じた傷病については、被害者が第三者に対してその行為により生じた傷病に係る医療費相当額の損害賠償権を取得します。

つまり、第三者行為により生じた傷病について医療を受けた場合は、損害賠償請求権を履行することによりその医療費を第三者に請求することができます。

そのため、国民健康保険を使用し医療を受けた場合、損害賠償請求権を履行すれば第三者に請求できる医療費を国民健康保険で立て替えて負担していることになります。

そこで国民健康保険では損害賠償請求権を被害者の代わりに取得(代位取得)し、第三者へ国民健康保険で負担した医療費を限度として請求することになります。代位取得し第三者へ請求するため「第三者行行為による被害届」等を提出することが被害者に義務付けられています。

ただし、第三者からその行為により生じた傷病について損害賠償を受けた場合、その傷病については国民健康保険で医療費を負担することはできません。

そのため、国民健康保険を使用して医療を受ける方が、損害賠償を受けるとき、または示談するときには国民健康保険の担当へ連絡していただく必要があります。

このページについてのお問い合わせ先

住民部 住民課 国保係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7578
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで(毎週木曜日は一部の業務について窓口時間を延長しています)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

住まいの吉泰

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

バナー広告募集中