障害基礎年金を受給している方の「児童扶養手当」の算出方法が変わります。

更新日 令和3年2月22日

ページID 8035

印刷

障害基礎年金の子の加算分との差額が受給できるようになります。

これまで、障害基礎年金等(※1)を受給している方は、年金額が児童扶養手当の額を上回る場合、児童扶養手当を受給できませんでしたが、制度改正により、令和3年3月分の手当から、障害基礎年金等の子加算分の月額が児童扶養手当の月額より低い場合には、その差額が受給できるようになりました。既に児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方は、改めて申請は不要です。児童扶養手当を申請したことがない方は申請が必要です。

※1 国民年金法に基づく障害年基礎年金、労働者災害補償保険法による障害補償年金など

※通常、手当は申請の翌月分から支給開始となりますが、これまで障害年金を受給していたことを理由に児童扶養手当を受給できなかった方のうち、令和3年3月1日に支給要件を満たしている方は、令和3年6月30日までに申請があれば、令和3年3月分の手当から受給できます。

詳しくは、こちらをご確認ください。

大切なお知らせ
厚生労働省ホームページ(外部リンク)

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 子育て応援課 子育て支援係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7624
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

転職するならキャリズム

弁護士転職NO-LIMIT

労働問題 弁護士ナビ

家族信託 wisepartner

バナー広告募集中