新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言解除に関する町長メッセージ

更新日 令和2年5月26日

ページID 7482

印刷

瑞穂町民の皆さまへ

国は、首都圏を対象区域とした「緊急事態宣言」の解除を決定し、東京都は、段階的に外出自粛及び休業要請等を緩和することとしています。

数か月にもわたり、皆さま一人ひとりの努力によって、瑞穂町の感染者数は抑制され、国全体の新規感染者数も減少し、医療提供体制も改善が見られます。しかし、新型コロナウイルスが消滅したわけではなく、油断すると元の状況に戻りかねません。

効果的な治療薬、そして、ワクチンが開発され接種できるようになるまでには時間がかかるとされています。今後、「第2波」の発生が懸念されます。ウイルスとの長い闘いを見据え、日々の暮らしや働く場で、感染を防止する習慣を構築する必要があります。引き続き、手洗いの徹底やマスクの着用、身体的距離の確保といった基本的な感染防止対策に加え、「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集する場所」「近距離での密接した会話」のいわゆる3つの「密」を避ける行動を実践していただくようお願いいたします。

町では、小・中学校や公共施設について感染防止対策をとりながら、段階的に再開しますが、皆さまにも更に感染防止対策にご協力をお願いいたします。

既に申請いただいた特別定額給付金は、順調に処理しています。早くお手元に届くよう職員一同努力いたします。なお、瑞穂町では「中小企業振興資金融資あっせん事業利子補給補助金」に引き続き、個人向けの町単独の支援策として行う「緊急支援給付金事業」の相談受付を6月3日から開始します。いくつかの給付条件がありますので、条件等を確認の上、該当となりそうな方は、町担当課に電話で相談してください。詳しい条件等は、ホームページ、チラシ等でご確認ください。 

日々、感染拡大防止のために過酷な勤務を強いられている医療、保健関係者をはじめ、私たちの生活を支える仕事に従事される皆さまに感謝し、互いに思いやる心を持って、この危機を乗り越えましょう。

皆さまご自身を守り、家族や周りの人を守る社会の一員としての自覚が求められています。これまでと違う生活習慣に戸惑いもあるでしょうが、引き続きご協力をお願いいたします。町は、今後も国、東京都、関係機関と連携して、感染拡大防止と地域経済の下支えに最大限の取り組みを進めてまいります。

令和2年5月26日 瑞穂町長 杉浦 裕之

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 健康課 健康係

〒190-1211 東京都西多摩郡瑞穂町大字石畑1970番地
電話 042-557-5089
ファクス 042-557-7414
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

転職するならキャリズム

弁護士求人サイトNo-LIMIT

労働問題 弁護士ナビ

みらい総合法律事務所

バナー広告募集中