特別定額給付金の申請にあたり、配偶者からの暴力を理由に避難している方の手続きについて

更新日 令和2年5月7日

ページID 7421

印刷

お願い

特別定額給付金の関係で来庁される方が増えています。
役場の窓口では申請書の配布や受付を行っていません。
不要なご来庁は、お控えください。

ご理解、ご協力をお願いします。

配偶者からの暴力を理由に避難している方の特別定額給付金の手続き

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日現在、お住まいのところに住民票を移していない方でも、次のいずれかの要件に該当している場合、手続きをしていただくと特別定額給付金を受け取ることができます。

令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」の提出を継続して受け付けています。

住所地ですでに支給決定が行われていても、申出をされた場合は支給できますので、お早めに福祉部福祉課福祉推進係にご相談ください。

福祉課 電話 042-557-7620

申出書は、次のエクセルファイルまたはPDFファイルをご利用ください。

「配偶者からの暴力を理由に避難している方」の要件

次の1から3までのいずれかに該当する方

  1. 申出者の配偶者に対し、配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること
  2. 婦人相談所などによる「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や配偶者暴力対応機関の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に、現在お住まいの市区町村に住民票が移され、住民基本台帳の閲覧制限などの「支援措置」の対象となっていること

必要な手続き

手続き期間

令和2年4月30日(木曜日)まで

令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」を提出できます。

  • 要件1の方
    「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」に「保護命令決定書の謄本または正本」を添付して福祉部福祉課福祉推進係にお持ちいただくか郵送により提出してください。
  • 要件2の方
    「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」に「配偶者からの暴力の被害の保護に関する証明書」または確認書を添付して福祉部福祉課福祉推進係にお持ちいただくか郵送により提出してください。

提出先

〒190-1292
東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335
瑞穂町 福祉部 福祉課 福祉推進係

令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」を提出できます。

その他

  • お住まいの住所と住民票上の住所が同じ方は、事前手続きは不要です。
    お住まいの住所に給付金の申請書が届きましたら、申請してください。
  • 特別定額給付金の申請手続きは、この申出手続きとは別に行う必要がありますのでご注意ください。
  • 「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された、現在お住まいの住所などの情報はお知らせしません。
  • 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、令和2年4月30日(木曜日)までに「申出書」の提出をいただければ、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

総務省コールセンターのご案内

電話0120-260-020

応対時間

9時00分~18時30分

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 福祉課 福祉推進係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7620
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

みらい総合法律事務所

バナー広告募集中