ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎にご注意ください!

更新日 令和4年1月19日

ページID 8562

印刷

例年11月から5月にかけて保育所などを中心に、腹痛、下痢、おう吐を主な症状とする「感染性胃腸炎」の集団感染が多数報告されています。

感染したときの症状

一般的には、数日で症状が軽快します。
また、人によっては感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
乳幼児や高齢の方の場合は重症化する可能性もあるため、医療機関を受診して適切な治療を受けましょう。

潜伏期間

1~2日(感染から発症までの期間)

症状

腹痛、下痢、おう吐など

感染経路

ほとんどが経口感染(口から入って感染)で、次のような場合が考えられます。

  1. ノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつの処理の時に、手指にウイルスが付着し、その手指で口に触れた場合
  2. 不適切な処理をしたふん便や吐ぶつが乾燥し、残ったウイルスが空気中にただよい、それを吸い込んだ場合
  3. 感染した人が、不十分な手洗いのまま調理した食品を食べた場合
  4. ノロウイルスに感染した二枚貝などを、十分に加熱しないで食べた場合

感染を予防するポイント

次のポイントに気を付けて、感染を予防しましょう。

  1. トイレの後、食事の前などは石鹸でこまめに手を洗いましょう。
  2. 加熱が必要な食品(特に二枚貝)は、中心部まで十分に加熱をしましょう。
  3. 吐ぶつやふん便を処理するときは、マスクや手袋などを使って十分に気を付けて処理をしましょう。

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 健康課 健康係

〒190-1211 東京都西多摩郡瑞穂町大字石畑1970番地
電話 042-557-5089
ファクス 042-557-7414
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

ワンナップLIFE

バナー広告募集中