麻しん(はしか)にご注意ください

更新日 平成31年2月22日

ページID 6177

印刷

麻しんの発生について

2019年に入り、三重県、大阪府、東京都で感染が広がっており、患者数が近年の同時期で最多となっています。
麻しん(はしか)は感染力が非常に強く、1人の発病者から多くの人に感染が広がる危険があります。
最も有効な予防方法は予防接種です。麻しん(はしか)にかかったことが無く、麻しん(はしか)ワクチンまたは麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種していない方は、予防接種を受けましょう。

麻しんを疑わせる症状が出たら


発熱・発疹があった場合は、事前に医療機関に「麻しん(はしか)かもしれない。」と伝え、医療機関の指示に従って速やかに受診してください。

麻しんの症状について

感染すると約10日の潜伏期間を経て、発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。38度前後の発熱が3日から4日続いた後、いったん下落して再び39度以上の高熱と発疹が全身に広がります。気管支炎や肺炎等の合併症を引き起こすこともあります。

予防接種について

対象の方

内容

その他

定期予防接種

1期

1歳以上2歳未満の方

原則、麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を1期、2期各1回の合計2回接種

・接種費用は無料(公費負担)です
・対象の方には個別のご案内を郵送しています

2期

5歳から7歳未満の方で小学校就学前1年間(年長児)

任意(定期外)予防接種

定期予防接種の対象の方以外で、麻しん(はしか)にかかったことがなく、予防接種を受けたことがない方
※予防接種を1回だけ受けている方は、かかりつけ医とご相談の上、2回目の接種についてご検討ください。

・麻しんワクチン
・麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種可能

・自費による接種になります
・接種を希望する場合は、直接医療機関(かかりつけ医等)にお問合せください

風しん対策事業の対象の方は、麻しん・風しん混合(MRワクチン)の接種費用の助成を受けられる場合があります。詳しくはリンクの「風しん対策事業」をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 健康課 健康係

〒190-1211 東京都西多摩郡瑞穂町大字石畑1970番地
電話 042-557-5089
ファクス 042-557-7414
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

美容室 シェモア

転職するならキャリズム

看護師の転職情報サイト キャリズム看護

労働問題 弁護士ナビ

バナー広告募集中