第92回温故知新の会 郷土歴史講演会「岩船地蔵の伝説」「勝沼城と滝山城 そして笛姫伝説」

更新日 平成30年12月5日

ページID 6545

印刷

第92回温故知新の会

新春第1号の講演会は、2名の瑞穂町文化財保護審議会委員が担当します。
永禄年間(1560年頃)に北条氏照が、青梅の三田氏を滅ぼしたことから生じた話。ひとつは、檜原城(北条方)の鶴寿姫が藤橋城主の平山光義に岩船地蔵を携えて嫁いだことから始まり、もうひとつは、滝山城の氏照と勝沼城の笛姫との悲しいお話。詳細は講演会にて!

日時

1月13日(日曜日)午後1時30分から午後3時まで

定員

100人(予約制・先着順)

講師

平山和治さん(瑞穂町文化財保護審議会会長)
渡辺和俊さん(瑞穂町文化財保護審議会委員)

協力

村上豊子さん(おはなし企画)
村山明美さん(おはなし企画)

場所

郷土資料館 けやき館 多目的室

入場料

無料

申し込み

郷土資料館 けやき館 電話042-568-0634

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

教育部 図書館 文化財担当

〒190-1202 東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山316番地5
電話 042-568-0634
ファクス 042-568-0639
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。


簡易アンケート

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。