横田飛行場における施設整備について

更新日 平成29年3月1日

ページID 5286

印刷

防衛省北関東防衛局から下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。

横田飛行場における施設整備について
(口頭による情報提供内容)

ERとは、環境レビュー(Enviromental Review)に記載の内容です。

横田基地に所在する施設の定期的な維持管理工事
(2015米会計年度で実施する施設整備)

1.格納庫102の改装、格納庫1の増築・改築

  • ER
    既存の格納庫1にシミュレーター/AMU(航空機整備ユニット)を配備、整備格納庫AMUを既存の格納庫102に配備(改修)

  • 工期
    2017年(平成29年)1月完成予定

2.建物584の改修、外部遮断保管施設の建設、臨時の飛行隊運用施設の敷地造成

  • ER
    飛行隊運用事務所から既存の建物番号584の近辺に新たなユニット式建造部を建設、建物番号584にMRSP(機動即応スペアパッケージ)/塗装複合施設を配備(修理)、B584付近にMSRP外部遮蔽保管庫を建設

  • 工期
    2017年(平成29年)1月完成予定

3.駐機場の舗装の改修、誘導路待機地点の改修、緊急用着陸パッドの建設

  • ER
    CV-22の暫定駐機場を建設(誘導路アルファ)/エプロン修理

  • 工期
    2017年(平成29年)1月完成予定

4.チャフおよびフレア保管施設の建設、弾薬・装備品保管施設の建設、多用途整備施設の建設

  • ER
    チャフ・フレア保管施設の建設、弾薬・装備保管施設の建設、B907付近に多用途整備施設を建設

  • 工期
    2017年(平成29年)3月完成予定

注意

これらの事業は、横田基地に所在する施設の定期的な維持管理のための工事であり、CV-22が専用的に使用する施設の工事ではありません。

これらの施設は、主に現在横田基地に配備されている部隊・航空機が使用しますが、CV-22部隊が専用的に使用する施設の工事が完了し、運用が開始されるまでの間、CV-22とその部隊も一時的に使用する予定です。

CV-22の部隊が専用的に使用する施設の工事
(2016~2020米会計年度で実施する施設整備)

1.飛行場駐機場の建設

  • ER
    新規の飛行場舗道の建設、ベイアクセス飛行場舗装

  • 工期
    2018年(平成30年)2月から2020年(平成32年)9月予定

2.格納庫/AMU(航空機整備ユニット)の建設

  • ER
    CV-22格納庫/AMUの建設

  • 工期
    2018年(平成30年)11月から2021年(平成33年)7月予定

3.飛行隊施設および倉庫の建設

  • ER
    特殊部隊施設の建設、MRSP(機動即応スペアパッケージ)/POS(平時用在庫)保管施設の建設、群司令部

  • 工期
    2018年(平成30年)10月から2021年(平成33年)9月予定

4.シミュレーター施設の建設

  • ER
    CV-22シミュレーターの建設

  • 工期
    2018年(平成30年)11月から2021年(平成33年)7月予定

このページについてのお問い合わせ先

企画部 秘書広報課 基地・渉外係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7476
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

みらい総合法律事務所

バナー広告募集中