役場(旧庁舎)耐震診断結果について

更新日 平成29年3月1日

ページID 2105

印刷

町では、平成24年度に役場(旧庁舎)の耐震診断調査を実施し、その結果がまとまりましたので、概要をお知らせします。
本調査では、昭和35年に建築した庁舎をA棟、昭和43年に増築した庁舎をB棟と表現しています。

調査基準

「2001年改訂版既存鉄筋コンクリート構造物の耐震診断基準・同解説」に定める診断法に基づき実施しました。

耐震診断数値等について

  • 耐震診断結果は構造耐震指標(Is値)によって評価します。
    この数値は、地震力に対する建築物の強度、靭性(変形能力、粘り強さ)を考慮し、震度6から震度7程度の地震に対する評価を表します。
耐震診断数値等

Is値の範囲

評価

Is値が0.6以上

倒壊、又は崩壊する危険性が低い

Is値が0.3以上0.6未満

倒壊、又は崩壊する危険性がある

Is値が0.3未満

倒壊、又は崩壊する危険性が高い

コンクリート強度試験・コンクリート中性試験

コンクリート強度試験で、強度13.5N/mm2を下回る場合は、材料・施工に問題があると考えられるため、耐震診断・補強の効果に疑問が残ることを考慮して、改築を視野に入れた総合的な検討が必要となります。

耐震診断結果等

1. A棟 昭和35年建築

(1) 耐震診断結果

方向

Is値

備考

1階

X方向

0.26

構造耐震指標(Is値)0.3未満

1階

Y方向

0.24

構造耐震指標(Is値)0.3未満

2階

X方向

0.23

構造耐震指標(Is値)0.3未満

2階

Y方向

0.25

構造耐震指標(Is値)0.3未満

(役場庁舎に対し、X方向は東西、Y方向は南北を示す)

(2) コンクリート強度試験結果

強度(N/mm2)

備考

1階

14.2

基準を満たす

2階

13.4

13.5N/mm2以下である

2. B棟 昭和43年増築

(1) 耐震診断結果

方向

Is値

備考

1階

X方向

0.65

構造耐震指標(Is値)0.6を上回る

1階

Y方向

0.79

構造耐震指標(Is値)0.6を上回る

2階

X方向

0.77

構造耐震指標(Is値)0.6を上回る

2階

Y方向

1.01

構造耐震指標(Is値)0.6を上回る

(役場庁舎に対し、X方向は東西、Y方向は南北を示す)

(2) コンクリート強度試験結果

強度(N/mm2)

備考

1階

21.1

基準を大幅に上回る

2階

30.7

基準を大幅に上回る

A棟についてはコンクリート強度並びに構造耐震指標では、震度6以上の地震発生時に「倒壊、又は崩壊する危険性が高い」との判定になりました。

今後の対応について

役場庁舎利用者および職員の安全を確保するため、当該建築部分は、できる限り早い時期に使用を中止し、事務所を移転する方針ですが、移転が完了するまで、しばらくの間、使用せざるを得ません。

緊急時には利用者の安全を最優先に対応します。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 管財課 管財係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7486
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

ベッド専門店グースカ

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

単身引っ越しのネット見積もりなら、やさか引越センター

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

バナー広告募集中