新しい瑞穂町長期総合計画の原案である「序論・基本構想」案が答申されました

更新日 令和2年10月19日

ページID 7734

印刷

瑞穂町では、行政運営の指針である「第4次瑞穂町長期総合計画」が令和2年度で期間が満了することに伴い、令和3年度を初年度とする新しい町の長期総合計画を「瑞穂町長期総合計画審議会」に諮問し、策定を進めてきました。
審議会では、審議を重ね、9月16日には第5次瑞穂町長期総合計画の原案である序論・基本構想案が了承されました。9月30日には審議会の清水浩昭会長、関谷忠副会長が来庁し、町長へ答申書を提出しました。

今後町では、答申の内容を踏まえ、引き続き計画内容を検討し、12月議会において議決を求めていく予定です。

1  2

第5次瑞穂町長期総合計画原案(序論・基本構想)の概要について

将来都市像

「すみたいまちつながるまち あたらしいまち」
~“そうぞう”しようみらいにずっとほこれるみずほ ~

現在の世界情勢の中で、日本においても今の時代は転換点といわれています。我々瑞穂町においても、多摩都市モノレールの延伸計画が箱根ケ崎方面に向けて動き出し、瑞穂町の将来をつくる変化の時代を迎えています。次期計画の10年間は、私たちのまちに起こる変化のエネルギーを糧に、さらに先の時代にめざす瑞穂の姿を胸にいだき“そうぞう”(創造、想像)しながら、新たなまちの魅力を創成するとともに、持続可能な地域社会を次世代に引き継ぐための期間とします。

将来都市像を実現する上での重視すべき視点

視点1:町の魅力を際立たせる
視点2:資源を磨き生活の質を豊かにする
視点3:つながる地域づくり
視点4:危機に備える

このページについてのお問い合わせ先

企画部 企画課 企画係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7468
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

みらい総合法律事務所

バナー広告募集中