文化財防火デーに伴う消防演習

更新日 平成29年3月1日

ページID 2025

印刷

1月26日は文化財防火デー
「育てよう 歴史を守る 防火の心」

文化財防火デーは、昭和24年1月26日早朝、奈良県の法隆寺金堂から出火した火災にちなみ、昭和30年に定められたもので、今年で62回目を迎えます。

日本の文化財建造物や美術工芸品の大多数は、木や紙などの可燃物で造られているため、常に火災による焼損の危険にさらされています。

文化財防火デーを中心に、消防用設備や防災設備等の点検・整備、放火防止対策の充実、防災訓練を実施するなどして、貴重な財産である文化財を火災から守りましょう。

消防演習

消防演習

この演習は、文化財防火デーに伴い神社仏閣の火災に対する消防活動技術の訓練と、文化財等に対する防火意識を高めるために行われます。

日時

平成28年1月24日(日曜日) 午後1時30分から

場所

元狭山神社(駒形富士山)

このページについてのお問い合わせ先

住民部 地域課 安全係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7610
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

住まいの吉泰

株式会社加藤商事西多摩支店

出前れすとらん つたや

バナー広告募集中