健康保険被保険者証が使えないとき

更新日 平成29年3月1日

ページID 1512

印刷

次のような場合、対象外となり国民健康保険は使えません。

病気とみなされないとき

健康診断、人間ドック、予防注射、歯列矯正、正常な妊娠・出産、軽度のわきが・しみ、美容整形、経済上の都合による妊娠中絶等

労災保険の対象となるとき

仕事上の病気やけが(雇用主が負担すべきもの)

また、次のような場合には国民健康保険の給付が制限されます。

  • 故意の犯罪行為や事故
  • けんかや泥酔による病気やけが
  • 医師や保険者の指示に従わなかったとき

このページについてのお問い合わせ先

住民部 住民課 国保係

〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335番地
電話 042-557-7578
ファクス 042-556-3401
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで(毎週木曜日は一部の業務について窓口時間を延長しています)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

住まいの吉泰

株式会社加藤商事西多摩支店

東京都区市町村振興協会

バナー広告募集中