新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目)に関するお知らせ

更新日 令和4年1月19日

ページID 8548

印刷

追加接種(3回目)に関するお知らせ(令和4年1月17日時点の情報です)

新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目)について、国の方針が示されました。
国の方針に基づき、順次追加接種(3回目)を実施していきます。

※令和4年3月から、追加接種(3回目)の接種間隔が短縮されます。
接種間隔の短縮に伴い、瑞穂町では接種券の発送を前倒しで行います。
いつ接種券が届くかなどは、以下をご覧ください。

発送スケジュール

※追加接種(3回目)の接種間隔の短縮に伴い接種券の発送を前倒しにすることから、以下の優先送付申出の受付を令和4年2月18日(金曜日)をもって終了します。令和4年2月18日以降は、2回目接種完了後6か月経過前に接種券を発送します。
医療従事者等および高齢者施設等の入所者等の方は、2回目接種完了後、6か月以上経過した後に、追加接種(3回目)を受けることが可能になりました。接種券の優先送付には、申出が必要になります。
対象の方、申出方法など詳しくは、以下をご覧ください。
優先申出

今後、国の方針の更新などにより、内容が変更になる場合があります。

追加接種(3回目)が受けられる時期

令和3年12月1日から令和4年9月30日まで

追加接種(3回目)の対象の方

追加接種(3回目)の対象は、瑞穂町に住民票があり以下をすべて満たす方です。
(1)2回接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方
※高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)の方は、7か月以上経過
【令和4年3月以降】
高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)の方は、6か月以上経過
その他一般の方は、7か月以上経過
(2)18歳以上の方
(3)日本国内での初回接種(1回目、2回目)または※初回接種に相当する接種が完了している方
※次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社のいずれかを接種している場合に限ります。
・海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
・在日米軍従業員接種で2回接種した方
・製薬メーカーの治験等で2回接種した方
・海外で2回接種した方

初回接種に相当する接種が完了している方は、町に接種記録が登録されていないため、
追加接種(3回目)の接種券の発行申請が必要です。
必要書類や申請方法は、こちら(接種券の発行には手続きが必要な場合があります)
をご覧ください。


住民票がある自治体での接種が、原則とされています。
国が示している項目に当てはまる場合、住所地以外でも接種することができます。
なお、初回接種(1回目、2回目)の際に申請をいただいてる方でも、町内での追加接種(3回目)を希望される場合は、あらためて申請いただく必要があります。申請方法などは、こちら(新型コロナウイルスワクチンの住所地外接種について)をご覧ください。

接種費用

接種費用は無料です。

ワクチン接種までの流れ

(1) 町から「接種券が印字された予診票」と「予防接種済証」が届きます

予診票(例)
「接種券が印字された予診票」と「予防接種済証」が一体になっています。切り離さず接種会場にお持ちください。

※いつ接種券が届くかなどは、こちら「追加接種(3回目)の接種券の発送スケジュール」をご確認ください。

(2)予約をします

【インターネット予約】接種券に印字されているQRコードを読込むか、こちらから専用サイトへアクセス
【電話予約】瑞穂町コロナワクチンコールセンター(電話042-568-0380)へ電話
※各医療機関へのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご予約、お問い合わせは、瑞穂町コロナワクチンコールセンター
(電話 042-568-0380)にお電話ください。(平日:午前9時から午後5時まで 土曜日、日曜日、祝日はお休みです。)
【予約センター予約】
詳細は、こちら(新型コロナウイルスワクチン予約センターを設置します)をご覧ください。

(3)接種会場でワクチン接種を受けます

予約した日時、場所で接種を受けてください。
接種当日は、
(1)接種券が印字された予診票、予防接種済証(切り離さずお持ちください。)
(2)本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険被保険者証など)をお持ちください。
接種券、本人確認ができるものを忘れてしまうと、当日接種ができなくなってしまいます。
※普段飲まれているお薬がある方などは、お薬手帳をご持参ください(お持ちの方のみ)。
※接種会場にお越しの際は、マスクの着用、肩を出しやすい(接種しやすい)服装、手指の消毒にご協力ください。

キャンセル待ちを受け付けます

当日の体調不良ややむを得ない急用、接種会場での予診により接種を見合わせる場合など、当日キャンセルが発生する場合が想定されます。今回、使用しているワクチンは解凍後および希釈後に一定の時間が経過した場合には廃棄せざるを得ません。
これを防ぎ、ワクチンを有効活用するために「キャンセル待ち」を受け付けます。

【申請ができる方】
キャンセル待ちの申請ができる方は、町から接種券が届いている方です。
すでに接種の予約をされている方でも、より早期の接種を希望される方はお申し込みいただくことが可能です。

【申請方法】
(1)郵送での申請
申請書に必要事項を記入を上、以下の提出先へご提出ください。
申請書は、こちらからキャンセル待ち申請書様式(PDF形式 52キロバイト)ダウンロードできます。
インターネット環境がない場合など、町から届出書を郵送しますので、瑞穂町コロナワクチンコールセンター(042-568-0380)までご連絡ください。
【提出先】
〒190-1211
瑞穂町大字石畑1970番地 瑞穂町コロナウイルスワクチン担当 あて

(2)窓口での申請
瑞穂町保健センターの窓口で申請ができます。

※町では、先着順にリストを作成し、順番が近づきましたら、前日または当日に個別にお電話を差し上げます。詳細な時間については、別途お知らせします。

【申請条件】
当日キャンセルが出なかった場合は、会場にお越しいただいていても接種ができないことに同意をいただける方。
事前の電話連絡がつかなかった場合には、先着順後位の方に連絡させていただきます。次回連絡の際には、郵送先着順により再度連絡をさせていただきます。

【その他】
キャンセル待ちの方がいない場合や連絡をすることができない場合に、ワクチンの有効活用の観点から町職員や町内保育施設の保育士などのエッセンシャルワーカーへ接種を行います。

追加接種(3回目)の接種券の発送スケジュール

令和4年3月から、追加接種(3回目)の接種間隔が次のとおり短縮されます。
区分
自治体においてワクチンの在庫や接種体制の状況により、その他一般の方でも6か月以上(7か月未満)の接種間隔で、接種を受けることが可能です。
瑞穂町では、予約枠に空きがあれば、その他一般の方でも6か月以上の接種間隔で、予約(接種)が可能です。
接種券がお手元に届きましたら、ご予約をお取りください。


【接種券発送スケジュール】
発送スケジュール

ワクチン接種スケジュール

【令和4年1月から令和4年3月分の接種スケジュール】
ワクチン接種の予約枠数、日程、会場、ワクチンの種類については、以下をご覧ください。
【令和4年1月から令和4年3月分】ワクチン接種のスケジュール(令和4年1月19日時点)(PDF形式 128キロバイト)

ワクチンの接種会場

集団接種会場は、瑞穂町民会館です。

町内の個別接種会場は、次の医療機関です。
※各医療機関へのお問い合わせはご遠慮ください。

医療機関名 所在地 備考
新井クリニック 瑞穂町長岡一丁目51-2 予約受付中
石畑診療所 瑞穂町大字石畑207 予約受付中
栗原医院 瑞穂町大字箱根ケ崎61 予約受付中
高沢病院 瑞穂町大字二本木722-1 予約受付中
※接種日時点で満50歳未満の方は予約不可
高水医院 瑞穂町大字箱根ケ崎282 予約受付中
菜の花クリニック 瑞穂町大字殿ケ谷454 予約受付中
※接種日時点で満16歳未満の方は予約不可
みずほクリニック 瑞穂町大字長岡長谷部31-1 予約受付中
※接種日時点で満16歳未満の方は予約不可
公立福生病院(外部リンク) 福生市加美平1-6-1 1月25日以降予約受付開始予定

【注意事項】
ワクチン接種の予約は、インターネット、コールセンター(042-568-0380)および予約センター
のみでの受け付けとなります。各医療機関や役場窓口では予約できませんので、ご注意ください。

大規模接種会場のご案内

東京都が設置する大規模接種会場において、医療従事者および救急隊員などを対象に、追加接種(3回目)が行われます。
対象の方、会場、予約方法など詳しくは、以下の東京都のホームページをご覧ください。
東京都ホームページ【ワクチンを接種したい(3回目)】(外部リンク)

特に追加接種(3回目)をお勧めする方

次の方が、特に接種をお勧めする方とされています。
・高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」
・重症化リスクが高い方の関係者、介助者(介護従事者など)など「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
・医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露(ばくろ)リスクが高い方」

追加接種(3回目)のワクチン

追加接種(3回目)に使用するワクチンは、ファイザー社製と武田/モデルナ社製です。
※追加接種(3回目)では、交互接種が認められています。初回接種(1回目、2回目)のワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社製、または武田/モデルナ社製ワクチンを接種することができます。なお、武田/モデルナ社製ワクチンの追加接種(3回目)の接種量は、0.25ml(初回接種の半量)です。(ファイザー社製ワクチンは、初回接種と同量です。)
追加接種(3回目)の安全性や効果などについては、こちら「 追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ」をご覧ください。

国および東京都から令和4年2月、3月に必要となるワクチン供給量、種類が示されました。
全国的に供給されるワクチンの種類の割合は、ファイザー社製ワクチンが約53%、武田/モデルナ社製のワクチンが約47%となっています。追加接種(3回目)においては、全国の自治体で武田/モデルナ社製ワクチンを使用することになる見込みです。
瑞穂町でも武田/モデルナ社製ワクチンを追加接種(3回目)で使用します。

接種券の発行には手続きが必要な場合があります

瑞穂町へ転入された方などは、接種券の発行に手続きが必要な場合があります。
以下をご覧いただき、ご自身が接種券の発行手続きが必要かご確認ください。
転入手続き

(1)必要書類

初回接種(1回目、2回目)の方 ・申請書
こちら【初回接種(1回目、2回目)用】新型コロナワクチン接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(PDF形式 106キロバイト)からダウンロードできます。
・転出元で発行された接種券
(紛失等でお手元にない場合は不要です。)
追加接種(3回目)の方 ・申請書
こちら【追加接種(3回目)用】接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)(PDF形式 129キロバイト)からダウンロードできます。
接種済証または接種記録書の写し
(紛失等でお手元にない場合は不要です。)

インターネット環境がない場合など、町から申請書を郵送しますので、
瑞穂町コロナワクチンコールセンター(042-568-0380)までご連絡ください。

(2)申請方法
【郵送での申請】
必要書類を下記までご提出ください。

〒190-1211
瑞穂町大字石畑1970番地
瑞穂町コロナウイルスワクチン担当あて

【窓口での申請】
・瑞穂町保健センター(瑞穂町大字石畑1970番地)
・庁舎1階 高齢者福祉課(新型コロナワクチン接種 転入者専用窓口)
いずれかの窓口で申請ができます。必要書類をご持参の上、お越しください。

(3)交付方法
原則、郵送で接種券を交付します。
初回接種(1回目、2回目)の接種券は、申請書到着後、一週間程度で発送します。
追加接種(3回目)の接種券は、追加接種(3回目)が可能となる時期(2回目接種完了から原則8か月経過後)に合わせて、接種券を発送します。

ワクチンを受けるにはご本人の同意が必要です

ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識をもっていただいた上で、ご本人の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

福祉部 健康課(保健センター)

〒190-1211 東京都西多摩郡瑞穂町大字石畑1970番地
電話 042-557-5072
ファクス 042-557-7414
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート

バナー広告(募集案内)

JAにしたま葬祭センター

武陽ガス株式会社

交通事故 弁護士(弁護士法人サリュ)

青梅信用金庫

コスモホーム

福祉瑞穂葬祭

株式会社加藤商事西多摩支店

転職するならキャリズム

弁護士転職NO-LIMIT

労働問題 弁護士ナビ

フリーランスエンジニアのIT求人案件ならエンジニアルート

ワンナップLIFE

バナー広告募集中