瑞穂町図書館読書講演会「2冊の本から考える、みずほのまちと図書館の未来」

更新日 令和元年6月7日

ページID 6830

印刷

令和元年度 瑞穂町図書館読書講演会

瑞穂町図書館読書講演会を開催します。

日時

令和元年7月15日(祝)
開場 午後1時30分
開演 午後2時

会場

瑞穂町郷土資料館 けやき館 多目的室
(東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山316番地5)

演題

『2冊の本から考える、みずほのまちと図書館の未来』


講師

岡本 真 氏
図書館コンサルタント。「未来の図書館、はじめます」の著者で、約2000館の図書館などの文化施設を実際に訪問し、数々の公共図書館整備・運営支援の実績を持つ。

三浦 丈典 氏
建築家。建築物のリノベーションでグッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞し、「こっそりごっそりまちをかえよう。」の著者。

申し込み

6月1日(土曜日)から受付。
定員100名(申込順)
瑞穂町図書館
電話 042-557-5614
メール toshokan@town.mizuho.tokyo.jp
※メールの場合は、件名に「読書講演会申し込み」と入れ、本文に参加者全員のお名前と電話番号を明記してください。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

教育部 図書館 図書係

〒190-1211 東京都西多摩郡瑞穂町大字石畑1962番地
電話 042-557-5614
ファクス 042-557-6156
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。


簡易アンケート

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。