第173回 けやき館 温故知新の会 自然に関する講演会 「瑞穂町の自然環境 ~土地の生い立ち~」

更新日 令和4年5月6日

ページID 8815

印刷

土地の生い立ち

瑞穂町は上総層群によって形成された狭山丘陵と、上総層群を基盤とし、その上に砂礫が堆積して関東ローム層に覆われた台地とに分けられます。立川断層が圏央道の青梅インターから殿ケ谷へ延びています。上総層群から掘り出されたクジラやゾウなどの化石、土地が形成された歴史などを紹介します。

日時

令和4年6月12日(日曜日)

午後1時30分から午後3時まで

定員

100人(予約制・申込順)
※状況により、定員を制限します。

講師

角田 清美さん

場所

瑞穂町郷土資料館けやき館 多目的室

申し込み

郷土資料館 けやき館 電話042-568-0634

関連ファイル

このページについてのお問い合わせ先

教育部 図書館 文化財担当

〒190-1202 東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山316番地5
電話 042-568-0634
ファクス 042-568-0639
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。


簡易アンケート

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。