絵画展 昭和初期の元狭山村の思い出を描く

更新日 令和2年9月7日

ページID 7685

印刷

元狭山村の思い出を描く

元狭山地区が瑞穂町に分村合併して62年になる。今は、地区一帯が住宅地となり町内ごとの境もわからなくなり、元狭山村という名称も薄らいできている。しかし、昭和年代の元狭山村は、長閑な田園風景に包まれ、家族一丸となって農業に勤しみ、地元の祭礼や伝統行事を楽しんできた。そんな生活の歳時記を、関谷氏が描いた絵画をご覧ください。

日時

9月14日(月曜日から10月11日(日曜日)
午前10時00分から午後9時まで。

場所

瑞穂町郷土資料館けやき館 瑞穂の民家ほか

お問合せ

郷土資料館 けやき館 電話042-568-0634

関連ファイル

このページについてのお問い合わせ先

教育部 図書館 文化財担当

〒190-1202 東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山316番地5
電話 042-568-0634
ファクス 042-568-0639
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。


簡易アンケート

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。