企画展「瑞穂の旧石器」~氷河期を生きた瑞穂の旧石器人~

更新日 平成30年7月1日

ページID 6287

印刷

瑞穂の旧石器

石で作った小さな道具を手に、山野に動物を追い、氷河期を必死に生きた人たちがいました。
彼らが生きたあかしが、町内でも発見されています。この企画展では、発見されたさまざまな石器や高度なその制作技術などを紹介し、彼らの活動の姿に迫ります。。

期間

平成30年7月14日(土曜日)から平成30年9月9日(日曜日)まで

関連イベント「ギャラリートーク」

日時

平成30年7月28日(土曜日) 午後2時から午後3時まで
平成30年8月4日(土曜日) 午後2時から午後3時まで

講師

関谷 学(けやき館学芸員)

場所

瑞穂町郷土資料館 けやき館 企画展示室

入場料

無料

問合せ

郷土資料館 けやき館 電話042-568-0634

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

教育部 図書館 文化財担当

〒190-1202 東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山316番地5
電話 042-568-0634
ファクス 042-568-0639
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。


簡易アンケート

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。