続 絣板製造の実演

更新日 平成29年9月25日

ページID 5739

印刷

村山大島紬の産業は、昭和の末まで地域のドル箱産業として君臨していました。紡いだ絹糸を経糸、横糸を別々に板締染色して、文様を織り出すことが大きな特徴となっています。その工程は40以上もあり、その重織を担っていたのが絣板製造でした。町域最後の絣板職人である坂田勝長氏(昭和42年総裁賞受賞)に、今年も絣板製造の実演をしていただきます。

日時

10月22日(日曜日)午後1時から午後4時まで

10月29日(日曜日)午後1時から午後4時まで

11月3日(金曜日)午後1時から午後4時まで

11月4日(土曜日)午後1時から午後4時まで

11月5日(日曜日)午後1時から午後4時まで

講師

坂田勝長さん(元絣板職人)

場所

郷土資料館 けやき館 常設展示室内

申し込み

郷土資料館 けやき館 電話042-568-0634

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(外部リンク)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

教育部 図書館 文化財担当

〒190-1202 東京都西多摩郡瑞穂町大字駒形富士山316番地5
電話 042-568-0634
ファクス 042-568-0639
メールフォーム
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。


簡易アンケート

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。